出品者の案件件数: 11

出品者にお問い合わせ
特許第6098973
【概要】 本発明は、膵臓に局所投与することで、膵島細胞における小胞体ストレスの亢進及びグルカゴンの分泌を抑制し、膵β細胞の新生または再生を促し、グルコース応答性のインスリンの分泌を促進させる結果、食後血糖値の上昇を抑制し、糖尿病治療に効果がある、γ-オリザノールを有効成分とする、ヒトまたは動物用の医薬である。 本発明によれば、中枢神経を介さずに、膵臓に直接的に作用してインスリン分泌を促進し、血糖値を下げることから、ヒトまたは動物の膵臓に対して直接的な投与または治療が可能になる。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第4337986
【概要】 本発明者は、海藻中に含まれるフコキサンチンおよびフコキサンチノールが、種々のウイルス関連悪性腫瘍に対し特異的に作用し、治療薬としての目的を達成できることを見い出し、フコキサンチンまたはフコキサンチノールを有効成分とする経口投与可能なウイルス関連悪性腫瘍治療剤を発明した。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第4631054
【概要】 ウインドファームにおける風力発電機に対して、定格出力以下の小出力動作領域を含む全動作領域に対してピッチ角制御を用いることで、出力電力の平準化を行うようにした風力発電機の発電電力平準化装置と方法を提供する。 このウインドファームの発電電力平準化装置によれば、風の分布性に従ってある風力発電機の出力が急激に減少しても、各風力発電機の出力余裕を利用して出力急減分を余裕のある風力発電機に分配して補償するので、ウインドファーム全体の電力出力状態は平準化して滑らかになる。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第5761735
【概要】 オキナワモズクからフコイダン等の有効成分を抽出した残渣が水中の汚濁物質の凝集に効果的であることを見出し、天然由来の海藻多糖凝集剤を完成させた。 僅か 10 ppm の凝集剤を、人工汚濁物質のカオリン微粒子が 1,000 ppm 浮遊した汚濁水に加えるだけで飲料可能な清浄な水を得ることを可能にするほか、赤土を含む濁水に対しては赤土成分を凝集沈殿させ、海水の赤土汚染を軽減できる。 本凝集剤は、 天然物由来であるため、環境および人体に安全であり、原因物質を抽出する必要がないため、二次副産物を出さず、極めて低いコストで製造可能である。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第4982775
【概要】 高速空気がダクト内を流れると、それだけでシステム全体が大きく振動する場合がある。その振動を制御することや、振動が原因となる圧力変動・騒音およびシステム全体の振動を低減する技術に応用できる。その制御方法は、工場内や現場での騒音の低減につながる技術である。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第6718638
【概要】 本発明は、樹脂基材上に、チタン層と、バッファ層と、絶縁層と、アモルファスシリコン層を順次形成し、アモルファスシリコン層に、その表面温度が1600~2000Kの範囲で、エキシマレーザーを、波長190~400nm、パルス幅15~50ns、周波数500~6kHz、10~200パルス、単位面積当たりのエネルギー量50~200mJ/cm 2 の条件で照射する、フレキシブル基板の製造方法である。 この製造方法によれば、樹脂基材の表面温度が一度も500K(約227℃)を超えないため、基材の炭化等による損傷を防ぎ、耐熱温度が低い樹脂でもトランジスタ形成用の基材として使うことができる。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第5645155
【概要】 タンパク質の電気泳動( SDS-PAGE および native-PAGE )後のウエスタンブロット解析に用いることができる。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第4411436
【概要】 回路構成が簡単で、半導体スイッチのソフトスイッチングを行うことでスイッチング損失を低減してエネルギ変換効率を向上させ、電磁妨害も殆ど生じないような電力貯蔵装置の実現が可能である。また、分散型電源のパワーコンデショナとして利用することも可能で、直流機器用の変換器としても利用することができる。
価格についてはご相談ください。
出品中
アメリカ特許第8,580,274
【概要】 本発明の薬物運搬体は、構成する分子群の設計の自由度が高いため、標的とする細胞や組織の種類に応じた標的化を可能とする。したがって、感染症等に対するドラッグデリバリーシステムのプラットフォームとして有用である。
価格についてはご相談ください。
出品中

ライセンス

特許第4203602
遺伝的アルゴリズムを用いて運用コストを最小化する発電機と電力貯蔵装置(ESS)の運用計画を決定することができるので、これを導入することによって電力会社における運用合理化に大きく貢献することができる。また、本発明の方法は、ESSを一般的に定式化して演算に取り込んでいるので、ESSの種類によらずに適用できる。
価格についてはご相談ください。
出品中
特許第6143215、特許第6281919
【概要】 本研究では、4-フェニル酪酸及び玄米由来成分の1つである γ -オリザノールが、高脂肪食への嗜好性を軽減させるのに有用であることを明らかにし、これを有効成分として含む、高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物及び高脂肪食嗜好性軽減剤を提供するものである。
価格についてはご相談ください。
出品中