鉄道車両台車装置

売買

特許第6323762,特許第6421303
価格についてはご相談ください。
出品中

案件情報

特許権
ジャンル:
輸送・自動車
登録番号:
特許第6323762,特許第6421303
共通項目
希望取引:
  • 売買
権利者:
川本 幸徳

説明

※本技術は、他の当社の技術と6件併せての売却を考えています。

鉄道車両の台車に関する技術です。


本技術は2件の特許からなります。

(特許第6323762,特許第6421303)


【特許第6323762】

電車の台車は直線のレールの上を走行する場合と曲線のレールの上を走行する場合があります。前者の場合は蛇行動の安定性を向上させる必要があり、後者の場合は曲線の通過性能を向上させる必要がありました。しかし、既存の台車では、これらを両立することができません。

そこで、本技術では台車枠に3組の軸輪をつけ、前後両端を動力軸輪、中央を無動力軸輪とすることで、直線上は安定した走行が可能となり、かつ曲線も安定して通過することが可能になりました。


【特許第6421303】

今までの鉄道車両用モーターは、その構造上車体の振動を誘発してしまい、乗り心地を害するだけでなく、レールや床下に無用の振動を与えてしまっていました。

そこで本技術では、車軸にモーターの重量が直接かからないような構造とすることで、モーターの重量に起因する振動を防ぐことが可能となりました。


これらの技術により、以下の効果が期待できます。

  1. カーブでの減速が抑制され再加速に要する消費電力使用量が大幅に低減できる。
  2. 可変軸重と操舵機能により従来2軸台車に比し軸重制限線区への入線範囲拡大により車両利用効率が大幅に向上できる。
  3. 連接化に優位な台車であり連接化で全車両重量軽減化と編成機器数削減による製造コスト低減が可能である。
  4. 軸重可変により発進時空転回避が可能であり線路負担が大幅に軽減され線路メンテナンス回数が大幅に低減し線路維持管理コストが大幅に低減できる。
  5. 従来DDM(DirectDriveMotor)に比し固定子を直接車軸で支えない構造の採用によりバネ下荷重が大幅に低減できるので路面からの騒音が激減し静かな乗り心地が得られる。
  6. 連接化に優位な台車であり連接化で客室内騒音が大幅に低減し静かで快適な車内環境の提供が可能である。
こちらにも興味があるかもしれません
  • ベストセラー
  • 人気の案件
  • Recently Viewed
車両用警報制御システム
特許第4642688
価格についてはご相談ください。
価格についてはご相談ください。
緑化屋根工法 メタルグリーンルーフ
特許番号6723408号
価格についてはご相談ください。
荷役用パレット
日本 特許第6150152号  中国 専利号 ZL 2017 1 0608852.2  香港 専利編号 HK1244765  
価格についてはご相談ください。
価格についてはご相談ください。