腹膜保護剤および腹膜保護剤の調製方法

ライセンス

特許第5731969
価格についてはご相談ください。
出品中

案件情報

特許権
ジャンル:
化学・バイオ・薬品・食品
登録番号:
特許第5731969
共通項目
希望取引:
  • ライセンス
  • 相談可
権利者:
国立大学法人岡山大学

説明

目的

腹膜癒着は、外科手術の予後に大きな影響を与える。また、腹膜透析患者の被嚢性腹膜硬化症の手術後に癒着を引き起こすことが多く、いまだ有効な治療がない。癒着防止剤も使用されているが、使用部位が複雑形状の場合や腹腔鏡下での手術には適さないし、腹膜透析患者の被嚢性腹膜硬化症術後の癒着予防は難しい。近年、腹膜中皮細胞の移植が注目されているが、移植に用いる中皮細胞のソースなど、解決すべき課題は多い。そこで、十分量の腹膜中皮細胞を簡便に採取する方法および採取された腹膜中皮細胞を有効成分とする腹膜保護剤を提供する。

技術概要

この腹膜保護剤は、腹膜透析排液から回収した腹膜中皮細胞を有効成分として含む。又、腹膜透析排液から回収した腹膜中皮細胞が、上皮様形態細胞であり、この上皮様形態細胞は、肝細胞増殖因子を発現してなる。腹膜保護は、腹膜癒着形成、腹膜肥厚或は腹膜損傷を含む腹膜の障害に有効に作用する概念で用いられ、この腹膜保護剤は、腹膜癒着形成、腹膜肥厚或は腹膜損傷に対して、予防的或は治療的に用いることができる。この腹膜保護剤は、採取した腹膜透析排液から細胞を回収し、更に上皮様形態細胞を選別する工程を含む方法により調製できる。上皮様形態細胞の選別は、腹膜透析排液から回収された細胞を培養し、形態学的に上皮様形態細胞と認められる細胞を選別することによる。又は、上皮様形態細胞の選別は、腹膜透析排液から回収された細胞につき、上皮様形態細胞に特異的に発現されるマーカーを指標として選別することによる。ここで、上皮様形態細胞に特異的に発現されるマーカーとしては、肝細胞増殖因子が挙げられる。この腹膜中皮細胞の採取方法は、採取した腹膜透析排液に含まれる細胞を収集し、上皮様形態細胞を選別する工程を含む。図は、腹膜中皮細胞の採取方法を示す模式図である。

こちらにも興味があるかもしれません
  • ベストセラー
  • 人気の案件
  • Recently Viewed
車両用警報制御システム
特許第4642688
価格についてはご相談ください。
価格についてはご相談ください。
緑化屋根工法 メタルグリーンルーフ
特許番号6723408号
価格についてはご相談ください。
荷役用パレット
日本 特許第6150152号  中国 専利号 ZL 2017 1 0608852.2  香港 専利編号 HK1244765  
価格についてはご相談ください。
価格についてはご相談ください。